FC2ブログ
 

つながる、感じる、くさりのBlog。

肩の具合

肩の激痛と拘縮で「石灰沈着性腱板炎」と診断され、整形外科に通って1ヶ月経過。
おかげさまで随分と楽になってきました。

痛みが強い時は時間が経つのが長くて・・、
それが何日も続くと、先が見えなくなり気が滅入りますね。
でも、少しでも痛みが和らいできたりして光が見えてくると、とっても気が楽になります。

何でもないような事がなんて幸せな事かと気付いた今日この頃です。
日々確実に楽になっていくのは、毎日が喜びの連続でした。

以下、復活したり動いた順に。

まず5日続いた強い痛みは治まりました。
目が覚めた時に、激痛は感じないと気付くだけで、なんてラッキー!と感じます。
寝返りを打つ時も、起き上がる時も、歩いてる時も、じっとしていても、横になっても、脈打つ度に、もうあの強い痛みがない。それがとっても嬉しいです。
激痛は一時的なもの。それさえ分かればもう大丈夫。
今もまだ違和感程度は残っていますが、激痛さえなければこっちのものです。

拘縮も少しずつ和らぎました。
可動域は少しずつ確実に広がっていきました。

脇腹の不快感が無くなりました。
痛みを感じるとと体は硬くなり、硬くなるとより一層痛みは増します。
そして硬い棒のようになった腕が、全く動かずに常に体側にくっついてると、その部分の体側が痛くなっていました。

出来なくなってた事が出来るようになってきました。
前後に腕が少しずつ動くようになりました。

まず後ろから。

手が腰に届くようになりました
これでパンツが難なく履けるようになりました。

次に前にも。

靴下が難なく履けるようになりました。

手が顔に届くようになり、両手で洗顔できるようになりました。
これはかなり嬉しかったです。

その後、頭に手が届くようになり、両手でシャンプーやドライヤーができるようになりました。
ここまでが結構長かった。これも感動的に嬉しかったです。

洗濯物も干せるようになりました。

前開き服の着脱が、難なくできるようになってきました。

被り服の着脱が、難なくできるようになってきました。
服を着たり脱いだりするのが、痛いし腕上がらないしで、とっても時間が掛かるし、気が重かったけど。

左右の動きは、あともう少し
もうすぐ両手で新聞が読めるようになりそうです。
もうすぐ逆の肩に手が難なく届きそうです。

あとは肩こりと緊張型頭痛が楽になりたいな。

もうここまでくると日常生活にほとんど問題ない状態です。
全てこの1ヶ月で毎日少しずつ順番にできるようになった事です。ありがたいです。嬉しいです。

過去関連記事
・ 肩の痛み

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

うんうん

痛みがないだけで、凄く幸せですよね。
私はそこまで辛い症状になった事はないのですが、それでも毎日頭痛との闘いだったので、痛みがないだけでどんなに幸せか(ちょっとかもしれませんけど)わかります。
頑張って下さいね。

すむたれ | URL | 2009年12月09日(Wed)19:58 [EDIT]


すむたれ さん、

ありがとうございます!

健康のありがたみは、元気な時には気付きにくいですね。
気付いても、回復できれば、喉元過ぎれば何とやらで。

でも痛くないだけですごく恵まれてる事とか、
世の中には痛みに苦しむ人がたくさん居る事とか、
忘れないようにしたいと思います。

すむたれさんも頭痛は今は大丈夫ですか。
毎日頭痛はきついですね。
お健やかな日々を過ごせます様お祈りします♪

くさり | URL | 2009年12月10日(Thu)21:40 [EDIT]