FC2ブログ
 

つながる、感じる、くさりのBlog。

「感謝の日」(2010.4.2@下北沢ガーデン)

感謝の気持ちはもちろん十二分にあるけれど、
「感謝」も「感傷」もまずは忘れて楽しんでくるかっと思いながら、会場に向かったけれど、
始まってみれば、何度涙をこぼしたことか。
本泣きしたり、楽しんだり、前向きな気持ちになったり・・。
素晴らしい記憶に残る夜でした。

三宅伸治プレゼンツ「感謝の日」
2010/4/2(FRI)shimokitazawaGARDEN
出演は、Nice Middle
<三宅伸治(vo,g)、厚見玲衣(key)、中村きたろー(bass)、江川ゲンタ(ds)>、
梅津和時(sax,cl)、多田葉子(sax)
サプライズゲストも、Leyona、竹中直人、YO-KING、石塚英彦(石ちゃん)と、豪華でした。

大切な人が亡くなって、初めて気付けた事だけど、命日のイベントって乗り気がしないものだ。
でも誕生日のイベントなら、素直に乗っかりたいと思う。
4月2日は忌野清志郎の誕生日。
この日に「感謝の日」として一緒にやってたNice Middleがやるなんて、素晴らしい企画。

1曲目は「雑踏」でしっとりと始まった。

気のせいだろう 君がいないことも
Hey 会いたい人がいるんだ
どうしようもなく どうしようもなく
Hey 会いたい人がいるんだ


これが沁みちゃって。はじめから本泣き。

2曲目の「REMEMBER YOU」でも泣く。

REMEMBER YOU すべて無くしたとしても 
REMEMBER YOU 僕は憶えているよ
君の目を耳を口を胸を そうさ今も忘れられないのさ


次の「涙のプリンセス」「玩具」で純粋に楽しみ、
「No Woman No Cry」の訳詩が素晴らしくて、また泣く。
「No Woman No Cry」と「ボスのソウル」は、前向きな気持ちにもさせてくれ、
この日のとても重要な曲だったと思います。

先月発売されたニューアルバムからもライブで聴けて嬉しい。「Young Blue」「Baby#1」。

途中Leyonaがゲストで出てきて「ダンスミュージック☆あいつ」で盛り上げてくれた。
次に竹中直人がゲストで出てきて、「いい事ばかりはありゃしない」。
懐かしいRCサクセションの曲が聴けて、みんな大喜び。
「イェーって言えー! 」も連発してくれました。
次の曲はお客さんがリードボーカルでとの事で、「スローバラード」が始まる。
お客さんの合唱と、大好きな梅津さんのスローバラードのサックスが聴けた事でまた泣く。
梅津さんが涙をこぼした気配にもまた泣く。
この中で一番古い付き合いであろう梅津さんとのいろいろな場面を思い出す。

アンコールの「Baby何もかも」では、チャーミングなマントショーを思い出して、また泣く。

2度目のアンコールでは、Leyona、YO-KING、石ちゃんも参加して豪華に終了。
終了時のいつもの肩を組んでおじぎする場面では、真ん中を一人分空けて心憎い演出。
終了後は映像で「約束」(三宅伸治デビュー20周年記念の渋谷AX)。

密度の濃い、すばらしい夜でした。
思いがけず、たくさん泣いちゃったけど、それも必要だったなと感じているし、
とても楽しめたし、また前にも進めたなと感じています。
この夜をプレゼントしてくれた三宅伸治にも深く感謝します。

抜けや順番違いがあるかもしれませんが・・
【第一部】
雑踏
REMEMBER YOU
涙のプリンセス
玩具
No Woman No Cry
Young Blue
WANTED
たたえる歌
【第二部】
愛と平和
ひどい雨
Baby#1
ダンスミュージック☆あいつ
いい事ばかりはありゃしない
スローバラード
ダンス天国
ベートーベンをぶっとばせ
JUMP
【アンコール1】
約束
Baby何もかも
【アンコール2】
ボスのソウル
デイドリームビリーバー
雨あがりの夜空に
【映像】
約束

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する